武田薬品工業株式会社
体内時計.jp Home  >  市民公開講座 高齢者の不眠を考える〜その予防と対処法〜

市民公開講座 高齢者の不眠を考える〜その予防と対処法〜

高齢者の3人に1人は睡眠の問題を抱えている!?

現代の24時間社会の日本では、大人から子どもまで生活が夜型化し、睡眠不足になっています。
今や、成人の5人に1人が「不眠」の訴えをもっていることがわかっていますが、65歳以上の高齢者に限ってみると、3人に1人は睡眠の問題に悩んでいるといわれています。
睡眠不足や不眠は、うつ病や、高血圧、糖尿病などの生活習慣病の発症や悪化にも悪影響を及ぼすことが明らかになってきていますし、高齢の方々にとっても関心の高いテーマではないでしょうか。

今回の市民講座では、高齢者にありがちな生活習慣による不眠への対処法・よりよい眠りのためのヒントについて国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 三島和夫先生より、不眠に悩んでいらっしゃる方に知っていただきたい睡眠障害対処12の指針と高齢者の場合特に注意すべき点について東京医科大学教授 井上雄一先生にご講演いただきました。

眠れないのは年のせい?~高齢者にありがちな生活習慣からくる不眠の話~
国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所
三島和夫先生

高齢者不眠の予防と対策~『睡眠障害対処 12の指針』~
東京医科大学睡眠学講座  教授
医療法人社団絹和会  理事長
公益財団法人神経研究所
附属睡眠学センター  センター長
井上雄一先生

病院検索はこちらをご覧ください。
不眠がこじれる前に… まずはお医者さんに相談してみましょう! 医師への 「相談シート」へ