武田薬品工業株式会社
体内時計.jp Home  >  不眠と生活習慣病  >  不眠と生活習慣病

不眠と生活習慣病

不眠と生活習慣病

不眠は生活習慣病を引き起こす"引き金"となるおそれが!

肥満や生活習慣病にならないように、と食事や運動に気をつける方は多いでしょう。
肥満や生活習慣病にならないように 「睡眠」にも気をつけているでしょうか?

睡眠(休養)は、食事や運動と並んで、生活習慣の三大要素のひとつです。

つまり、不眠は、食生活の乱れや運動不足と同様に、生活習慣病を引き起こす引き金のひとつとなるおそれがある、本当は注意しなければならない症状なのです。

不眠の原因のひとつには「体内時計の乱れ」があります。近年、体内時計に関する研究が進み、「体内時計の乱れ」は不眠の原因となるだけでなく、さまざまな病気に悪影響を及ぼすことがわかってきました。 

体内時計の乱れはカラダ中の生態リズムの乱れと関係し、生活習慣病発症や悪化に影響があると考えられています。
生活習慣病の予防や悪化防止、さらには心血管疾患の予防のためにも、食事・運動だけでなく、体内時計を整えて、よりよい睡眠をとることが大切です。
「体内時計の乱れと高血圧」へ「不眠も糖尿病の原因に」へ
不眠がこじれる前に… まずはお医者さんに相談してみましょう! 医師への 「相談シート」へ