体内時計とは?

監修:日本大学医学部 精神医学系 主任教授 内山 真 先生

体内時計とは?

人間には1日周期でリズムを刻む「体内時計」が備わっており、意識しなくても日中はカラダと心が活動状態に、夜間は休息状態に切り替わります。

体内時計の働きで人は夜になると自然な眠りに導びかれます。

体内時計は毎朝光を浴びることでリセットされ、一定のリズムを刻みます。


体内時計はカラダのさまざまな
生体リズムを調節しています。

人の体内時計の中心は、脳の「視交叉(さ)上核」という部位にあります。

カラダのほぼすべての臓器にも体内時計があり、脳の体内時計からの指令でさまざまな生体リズムを刻んでいます。

例えば、血圧の日内変動やホルモンの分泌や自律神経の調節なども、体内時計が刻む生体リズムのひとつです。


≪ BACKNEXT ≫
あなたの近所の病院検索