昼寝はなぜ20分程度がよいのでしょうか?

昼食後の20分程度の短い昼寝(仮眠)は、眠気を抑え、作業能率を高めるのに効果的です。ただし、30分以上寝てしまうと深い眠りに入るので、眠りからなかなか覚めることが出来ず、眠気も残り、かえって能率を下げてしまいます。また、午後3時以降の昼寝は、夜の眠りをさまたげます。

昼寝は夜の眠りに影響しないように、午後3時までの20~30分以内にしましょう。